1. 鉄瓶・銀瓶買取

    鉄瓶買取・銀瓶買取 – 骨董品の買取ならキモノオフ金沢野々市店へ

  2. コスメ買い取ります

    化粧品の買取 | コスメを売るなら便利な宅配買取査定!

  3. 洋食器買取

    洋食器買取ならキモノオフへ!ブランド食器を査定いたします

  4. 昭和レトロ雑貨

    昭和レトロ雑貨の買取ならキモノオフ金沢野々市店へ!

  5. カトラリー(ナイフ、フォーク、スプーン)買取致します!クリストフルやブランド銀食器を売るな…

  6. 和食器の買取

    キモノオフで和食器を買取します!お手持ちの品物を査定します

  7. タオル買取

    タオル・ハンカチ・ギフト用品の買取ならキモノオフへ!贈答品を買取強化中です!

  8. キッチン用品

    キッチン用品・調理器具を買取いたします!石川県で売るならキモノオフ店へ

  9. 輪島塗の食器を買取いたします!石川県の店頭買取から全国の宅配買取まで対応!

  10. キモノオフ店頭

    石川県の着物専門店キモノオフで素敵な着物を手に入れよう

  11. ウール着物宅配買取

    ウールの着物を宅配買取で査定します!買取対象ですので売ることができます!

  12. 洋食器・和食器・骨董品などお取り扱いしています

  1. キモノオフネットショップ

    KIMONO・OFF公式オンラインショップ

  2. キモノオフ野々市若松店

    キモノオフ野々市若松店

  3. キモノオフ富山黒瀬店

    キモノオフ富山黒瀬店

  1. キモノオフ店内

    KIMONO・OFF(キモノオフ)とは

  2. キモノオフLINE公式アカウント

  3. 華やかな着物

    キモノオフの買い取り

  4. オンラインショップ

  5. 貴金属・商品券・切手

    金・プラチナ・貴金属の買取査定

  6. 切手

    金券・切手の買取査定

  7. ブランド食器・骨董品の買取査定

  8. 石川県の振袖レンタル

    振袖レンタル

  9. 和裁

    お仕立て・お直し

  10. 訪問着

    お洗濯・クリーニング

  11. 着物お直し

    着物おなおし教室

着物のいろは

単衣の着物の着用時期はいつがいい?単衣に合わせる帯や小物もご紹介します

単衣着物

季節の変わり目にはどんな着物を着たらいいのか悩みますよね。
単衣の着物の存在は知っていても、具体的な着用時期がわからないという方も多いでしょう。
昔のような厳格なルールは和らいできていますが、フォーマルな席や茶事など古くからのしきたりを大事にしているところもあります。
フォーマル、カジュアル両方のシーンで単衣の着物を着る時期や、帯や小物の合わせ方をご説明します。

単衣とはどんなお着物?

単衣とはどんなお着物

単衣(ひとえ)は裏地をつけずに仕立てる着物です。
寒い時期に着る袷には胴裏(どううら)八掛(はっかけ)という裏地がついていますが、単衣は胴裏も八掛もついていません

裏地がついていないため座るときに背縫いや後身頃に力がかかり、縫い目が割れたり布地が伸びたりすることがあります。このような型崩れを防ぐためには後身頃の腰まわりに居敷当て(いしきあて)をつけて仕立てるといいでしょう。
裏地がない単衣は軽く着やすいため、着物を着慣れていない方が初めて挑戦するときにおすすめします。

春や秋の時期、袷と夏の薄物の間に着るのが単衣です。
単衣に似ている「胴単衣」(どうひとえ)という着物があります。胴抜き仕立てとも言われ、裾まわりの八掛だけつけて胴裏を省いた仕立てた着物です。胴裏がついていないので、単衣では寒いけど袷では暑いという日に着られます。暑がりの方には袷の時期でも涼しく着られる胴単衣の着物がおすすめです。

単衣と薄物の間のごく短い時期に着られる紗合わせ(しゃあわせ)という着物もあります。季節感を大事にしながら暑さ寒さと上手に付き合う工夫をされてきました。今では紗合わせは着物上級者の憧れの着物になっています。

単衣きものの着用時期について

単衣きものの着用時期について

袷から単衣の着物に切り替える衣替えは6月1日、単衣から袷になる衣替えは10月1日とされています。学校の制服などでも衣替えの時期は6月と10月で設定されているところもあるでしょう。
最近は気候に合わせて夏服と冬服の移行期間を設けてあるところも多いようです。着物も同じで、最近では4月後半や5月の暑い日には胴単衣や単衣の着物を着る方も多くいらっしゃいます。

また10月でも日中のお出かけで暑さが残る日は単衣や胴単衣を着てもいいでしょう。洋服のようにその日の気温に合わせて着物を選んだり、羽織るものを合わせたり工夫します。
ただし、お茶の席など着物のルールを重んじるところでは別です。衣替えの時期を守り季節のルールに則った着方をしましょう。

単衣きものの格や素材について

単衣きものの格や素材について

どの着物でも単衣で仕立てることが可能です。
留袖や訪問着など礼装用でも単衣で仕立てることができ、着物の格は変わりません
暑い時期に単衣や絽の留袖を仕立てる方はいらっしゃいます。最近の結婚式場は空調が整っているため、夏でも袷の留袖を着られます。

お茶会や格式のある行事では、単衣で仕立てた訪問着や色無地などが必要です。正式なお茶会では衣替えのルールを守ることが重要です。

単衣の着物は裏がなく軽いため、紬や小紋は普段のお出かけにも着やすくおすすめです。紬は単衣に仕立ててお出かけなど普段使いでやわらかくしなやかにした後、袷に仕立て直す方もいらっしゃいます。

またウール、木綿の着物も単衣で仕立てて着やすい着物です。ウールは袷に仕立てることはほとんどなく、単衣で仕立てます。

単衣に合わせる帯

単衣に合わせる帯

単衣の着物にはその季節に合う帯を締めます。目安として5月の前半袷用の帯、5月の後半からは夏用の帯を締めるといいでしょう。9月下旬からは袷用の帯に戻し秋の色や柄を楽しみます。
5月、6月は麻や紗、絽などの夏用の帯がおすすめです。

夏用の帯には夏用の帯揚げや帯締めを合わせます。涼しげな色や透け感のある帯揚げや帯締めで季節を先取りして楽しみましょう。
9月には紬などの単衣着物に博多織の半幅単帯や名古屋帯を合わせてお出かけするのも楽しそうです。

単衣の着物も袷と同じように、染めの着物に織の帯を合わせます。カジュアルな着物では着物と帯のルールが緩和されつつあります。
しかしフォーマルなシーンではやはりルールに沿った着こなしが必要です。フォーマルな訪問着や色無地を着るときは、礼装用の帯を合わせます。金糸や銀糸を少しあしらった織りの袋帯を合わせましょう。

単衣に合わせる長襦袢

単衣に合わせる長襦袢

単衣の着物には単衣の長襦袢を合わせます。絹の長襦袢のほか、洗える素材の長襦袢も活躍しそうです。単衣の長襦袢では絹や麻、綿などの天然繊維がよく使われています。最近では自宅で洗濯できるようにポリエステル、麻、綿と竹の繊維化繊との混紡などの素材が使われています。

基本的に着物と長襦袢は同じ素材でそろえますが、最近は洗濯しやすい素材のものもあるため気候に合わせて選びましょう。
かつては着物に合わせた色の長襦袢を仕立てる、袷や単衣の長襦袢を着る時期など細かいルールがありました。最近では単衣の長襦袢を通年で着たり、袖のみ袷にした袖無双で仕立てたり気候に合わせて自由に選べます。

単衣の長襦袢には着物と同様に居敷当てをつけて仕立てておきましょう。力のかかりやすいヒップまわりの生地を保護してくれます。

5月や6月の気温が高い日には麻の長襦袢もいいでしょう。6月からは絽や紗などの夏用の長襦袢を合わせます。
長襦袢は単なる下着ではなく、着物の下からちらりと見えることもあるので色選びも大切です。5月や6月にさわやかな色の着物を合わせるときは襦袢の色も近い色味を選んでみましょう。手持ちの着物に合わせやすい色を選んで仕立てておくと、少ない枚数で着まわすこともできます。
スーツにブラウスを合わせる感覚で、紬や小紋などの着物と色や柄を合わせたコーディネートも素敵ですね。

長襦袢には必須の半衿、単衣を着る時期は絽や麻絽、絽縮緬などの半衿をつけます。
白地に金糸銀糸を多く使って刺繍してある半衿は主に礼装で使用します。地色や刺繍がカラーの半衿は普段のおでかけに使うとおしゃれです。

単衣に合わせる着付け小物

単衣に合わせる着付け小物

単衣の着物を着るときの肌着、帯締めや帯揚げ、バッグなどの小物の合わせ方を紹介します。

肌着

肌着

単衣の着物を着る時期は気温も高めですので、肌着類はしっかり汗を吸う素材を選びます。
特に絹の単衣の着物を着るときは汗染みを防ぐためにも肌着でしっかり汗を吸い取ることが大事です。
吸汗速乾機能の肌着はべたつかず快適な着心地をキープできます。

帯締めや帯揚げ

帯締めや帯揚げ

5月、6月には帯締めや帯揚げなど夏用を合わせましょう。絽、紗、麻、絽縮緬など薄地で透け感のあるものを選びます。レースの帯締めや帯揚げも涼しげでおしゃれです。夏用の小物は9月上旬ごろまで使えますが、季節感を出したいときは通年使える小物にしましょう。

フォーマルで着るときは礼装用の帯締めや帯揚げを合わせます。略礼装のときは金糸や銀糸は控えめに薄い色であわせましょう。

バッグや履物など

バッグや履物など

単衣の着物を着始める5月頃から薄物の時期には夏用のバッグや草履を合わせます。
ラタンや竹で作られたかごバッグは涼しげでおしゃれです。カジュアルな着物には洋服用のバッグを合わせたり、レースの足袋やメッシュの履物を履いたりしてさわやかな着こなしを演出します。

礼装用のバッグや草履は通年使えるものが多くあります。訪問着や色無地などフォーマルに合わせるときは礼装用のバッグや草履を選びましょう。単衣の訪問着などフォーマルなスタイルには礼装用の織りのバッグを合わせます。

まとめ

単衣の着物は袷と同じ着物でも裏がついていない分、軽く着やすいので着物初心者さんにはおすすめです。
フォーマルに着られる訪問着や色無地、普段着の小紋や紬などさまざまな種類の着物を単衣で仕立てられます。衣替え時期よりも気候に合わせて選ぶと着こなしの選択肢も増えますね。
気軽に着られる単衣の着物にあなたも挑戦してみませんか!

関連記事